血流を良くする方法

MENU

血行が悪いカラダを血行を良くする方法

男の子のイラスト

血流が悪いのが原因と思われる症状には、

  • 冷え性
  • 手足の冷え
  • 首こり
  • 肩こり
  • 頭痛
  • 腰痛
  • 疲労感が取れない
  • 血圧が高い
  • 不妊である
  • 不眠症
  • お肌の調子が良くない

などの症状が出るとも言われています。

 

血流が悪いと、全身の細胞に酸素をシッカリと送れない可能性が高くなるので上記で紹介した以外にも体調不良になる可能性が高くなるいたいですね。

 

女性の指さしのイラスト

 

 

その症状の根本的な原因は、もしかしたら体内の血流が悪い事が原因かもしれませんよ!

 


 

血流を良くする基本は、規則正しい生活がベース

血行を良くする為に必要なベースとなるのは、

寝ている女性のイラスト

  • 規則正しい生活
  • グッスリ寝る
  • 栄養バランスのとれた食事

と言った規則正しい生活が大切になります。

 

具体的な血流を良くする方法

さらに、血流を良くする方法として、今ある生活に取り入れるといいのが

  • 体を冷やさない
  • 血流が良くなる食材を食事で摂る
  • 血液がサラサラになる食材を食べる
  • 血液がドロドロになる食材を避ける
  • 水分をシッカリと摂る
  • 継続的に運動習慣を持つ
  • 半身浴・シャワー
  • マッサージ
  • 洋服や下着を気を付ける
  • ストレスを感じなように注意する

などの方法です。

 

上記の全てを行うのは難しいかもしれませんが、生活習慣を規則正しくすることを意識して、出来るモノから取り入れると良いです。

 

カラダを冷やさない様に注意するのは当然ですが、それ以外では、血流を良くする為には、食事半身浴運動習慣の3つがお勧めです。

 

体を冷やさない

まずは、カラダを冷やさないようにすることが基本です。夏でも電車や職場など、クーラーが効いている部屋では、洋服を必ず1枚多く着る。また、お風呂上りなど体が温まった後、油断して体を冷やさないように注意する。と言ったように、こまめにカラダを冷やさないように注意します。

 

血流が良くなる食材を食事で摂る

カラダの血流が良くなる食材を積極的にとり、カラダを冷やす食材は控える。

カラダを温める食材

ソバのイラスト

穀物類

そば、ごま、ひえ、あわ

野菜類

生姜、にんにく、にんじん、かぼちゃ、ごぼう、くず、朝鮮人参、ふき、山芋、レンコン、やまごぼう、ヨモギ、オオバコ、にら、しそ

果物類

りんご、梅、さくらんぼ、栗、ぶどう、なつめ、プルーン、乾燥果物

魚介類

赤身の魚、白身の魚、タコ、イカ、スルメ、淡水魚、塩干し魚、鯉、塩辛、数の子

ワカメの写真

海藻類

ワカメ、のり、ひじき、塩コブ

飲料類

ほうじ茶、番茶、ヨモギ茶、タンポポコーヒー、赤ワイン、日本酒

調味料

しょうゆ、味噌、自然塩、ごま油、きな粉、黒砂糖、にんにく粉

カラダを冷やす食材
穀物

白米、白パン、小麦、大麦

野菜のイラスト

野菜類

なす、トマト、レタス、春菊、ほうれんそう、こんにゃく、大根、ピーマン、かぶ、わらび、ぜんまい、エンドウ、みょうが、白菜、小松菜、ヤツガラシ、インゲン、ウズラマメ、たけのこ、なめこ

果物類

バナナ、スイカ、メロン、レモン、みかん、マンゴー、パパイヤ、柿、なし、キーウイフルーツ、パイナップル、グレープフルーツ、果物ジュース、缶詰の果物

ところてんのイラスト

魚介類

マグロ、ちくわ、かまぼこ、甘味の佃煮、くらげ

海藻類

モズク、ところてん、甘味のノリの佃煮、酸味のとろろコブ

調味料

白砂糖、みりん、故障、わさび、カレー粉、化学調味料

コーラのイラスト

飲料類

コーラ、甘味のヨーグルト、ココア、ビール、ウイスキー、ワイン、緑茶、コーヒー

お菓子

チョコレートやようかん、アイスクリーム、アンパン、キャラメル

 

血液がサラサラになる食材を食べる

血液がサラサラになると、血管内をスムーズに血液が流れる事で、血流が良くなります。血液をサラサラにする効果が期待出来る食材は、タマネギ、ニンニク、納豆、らっきょうやサンマ、アジ、サバなどの青魚類です。

 

血液がドロドロになる食材を避ける

血液がドロドロになると、血液が流れにくくなります。酷い場合は動脈硬化で血管が狭くなり、血流がさらに悪くなります。血液をドロドロにする食材は、脂身の多いお肉や生クリーム、バター、を使った乳製品、インスタント食品、スナック菓子やなどの中性脂肪やコレステロールを多く含む食品です。

 

水分をシッカリと摂る

水のイラスト

血流が悪い場合には、水分をシッカリ摂ることも大切です。特に、1日2リットル程度の水は飲みたいところです。水を飲む時はまとめて飲まずに、1度にコップ半分程度、ひと口ごとにを噛むように飲みます。500mlのペットボトルを一気飲みした場合は、多くの水分は体内で吸収されずに排泄されるのでこまめに飲みましょう。

 

継続的に運動習慣を持つ

血行不良になると手足の先まで十分に血流が行きわたらなくなり冷えを起こします。運動をして筋肉を使う事で、筋肉自体が血液を送り出すポンプの作用を行うことで、血流が良くなります。運動不足の人は、筋肉のポンプを上手く活用していないので、血行不良になりやすいです。運動には、有酸素運動筋肉トレーニングストレッチがあります。

有酸素運動

有酸素運動は長時間継続的に続ける運動で、ウォーキングサイクリング水泳などがあります。ウォーキングなら30分以上は継続して行いたいです。

筋肉トレーニング

筋肉トレーニングは、スクワット腕立て伏せ、腹筋を鍛えると良いです。筋肉量が増えると基礎代謝がアップするので、カラダが熱を生み出しやすくなります。

ストレッチ

ストレッチを行い、柔らかいカラダにすることで血流を良くすることが出来ます。
以上のように、有酸素運動、筋肉トレーニング、ストレッチを行う事で、血流を良くすることが出来ます。

 

半身浴・シャワー

体内の血流を良くするためには半身浴がお勧めです。また、肩コリや腰痛など血行が悪い部分には暖かいお湯をシャワーで当てるのも良いです。

半身浴の方法

半身浴20分以上入ります。お湯の温度は、37度〜38度程度ですが、寒い時期などは個人で調整しましょう。お湯は湯船に座った状態でみぞおちかおへその当たりです。腕は出しておきます。

 

半身浴のイラスト

お湯の温度は37度〜38度程度と言うのは、温度が体温より2度以上高くなると、カラダの表面の皮膚で熱をブロックしてしまい、カラダの芯まで温まらなくなります。ただし、冬など、寒いときは、まずは、肩まで湯船につかり、多少、温まってから半身浴を行います。

 

また、頭から汗をかく事で、体内に溜まったワルイモノも排出できるのでデトックス効果が期待できます。この為、37度〜38度を基本としつつ、個人差もあるので、温度は汗をかけるようにすることがお勧めです。

シャワー

シャワーを使う方法は、水圧を使ってマッサージ効果が期待できます。シャワーの温度は約40度で3分から8分程度がめどです。シャワーは固定しておき、肩こりや首こり首や肩を動かしながら浴びます。可能であれば、温水と冷水を交互に浴びることで血流を良くする改善効果が期待できます。

 

マッサージ

頭からつま先まで、全身をマッサージします。特に冷えやすく、血流が悪くなりやすい頭皮や首、肩などは入念にマッサージすると効果的です。

 

洋服や下着を気を付ける

洋服や下着でカラダを締め付けている場合は、血行が悪くなる場合があります。ゴムやバンド、ベルトなどは余裕のある物にしましょう。

 

ストレスを感じなように注意する

ストレスや緊張を感じると血流が悪くなります。特に、ストレスが原因の場合は、本人が自覚できず、胃腸の冷えや代謝、自律神経といったカラダの内部で機能低下を起こすことで、知らず知らずのうちに血行不良な体質になるので注意が必要です。ストレス解消で、血流改善効果を狙いましょう!

 

 

血行が悪くなると色々と体調にも悪影響が現れます

血流を良くする方法

 

血流が悪くなると、身体にも色々な体調不良を起こす可能性があります。

  • 冷え
  • 体のコリ
  • 疲労感
  • なかなか眠れない
  • 花粉の悩み
  • 妊娠の悩み
  • 健康の悩み
  • 肌がカサカサする
  • 美容の悩み

などの悩みがある人は、どうにかしたいですよね。

 

 

運動や食事制限だけで改善が難しい人は、サプリメントの活用が簡単

 

サプリメントの写真

そこで、簡単に日常生活に取り入れることが出来るサプリメントの活用が便利です。

 

実際に、サプリメントで食事で摂れていない栄養成分を補うことで、健康、美容を維持、増進する手助けに使うと良いです。

 

女性のイラスト

 

 

サラサラといえば青魚のDHA、EPA

サラサラといえば、青魚のDHA&EPAが思いついたので、「DHA&EPA」が配合されているサプリをいくつか見つけたので紹介しておきます。

 

きなり

DHA&EPAに加えて、クリルオイルナットウキナーゼなど成分もはいっています。リピート率が92.3%なので、満足している人が多いようなので、最初に紹介しました。

 

このDHA&EPAサプリメントの詳細はコチラ
 ↓↓↓↓
DHAサプリのの画像

 

 

オメガプラス

亜麻仁油クリルオイルヘマコッカス藻色素(アスタキサンチン)、スクワランオリーブスクワレンと色々な成分が入っています。抗酸化作用があると言われるアスタキサンチンが入っています。

 

このDHA&EPAサプリメントの詳細はコチラ
 ↓↓↓↓
DHA&EPAのサプリの画像

 

 


DHA&EPA、ビタミンEスクワレンレスベラトロールが入っているサプリメントです。特徴は、長寿遺伝子で注目のレスベラトロールが入っている点と、EPAの量が多い点です。

 

このDHA&EPAサプリメントの詳細はコチラ
 ↓↓↓↓
さらさら実感のサプリの画像

 

 

どのサプリメントが良いのか?

とりあえず、3つのサプリメントをピックアップしました。

 

では、どれが良いの?

 

といった点が気になると思いますが、これは難しい質問なんですね。

 

人それぞれかも・・・?と思うのが正直なところです。

 

 

DHA&EPAサプリ、愛用しています。

もちろん、私もDHA&EPAサプリを愛用しています。

 

健康診断の数値が良くなかったので、健康維持が目的です。できれば、運動や食事と組み合わせることで体質改善、血流改善ができないかなぁ〜。と思って愛用しています。

 

 

私が愛用しているのは、下記のサプリメントです。

 

私が使っているサプリメントの写真

 

たまに飲み忘れるので、まだ、1袋、余っています。。。(^^;

 

 

なぜ、このサプリメントを選んだのかは?

 

選ぶときは、「安心して使えるモノ」を基準に考えたのですが、、、

 

そこで、「リピート率92.3%」が、他のサプリより良いのかな?と少し安心できた点だと思います。

 

 

もちろん、他のサプリが安心できないという訳ではありませんよ。勘違いしないでくださいね。

 

それぞれ素晴らしいサプリだと思います。

 

今、再度、確認すると、アスタキサンチンやレスベラトロールという成分が入っているのって、「良いなぁ〜。」と思いました。

 

 

あと、返金保証があったので、合わなければ返金してもらえるので試しやすかったです。

 

それと、定期コースによくある、2回、3回などの継続購入の縛りがないのも安心でした。

 

 

私が使っているサプリは、コチラで買いました。

 

 

サプリメントだけ飲んでいれば大丈夫!?はダメ!

サプリメントは、健康食品です。薬ではないので、飲んでスグに健康になった、病気が治ったという期待しないで起きましょう。

 

基本的に、サプリメントは、食事で摂るのが難しい栄養を補うのに適しています。

 

DHAやEPAをはじめ、様々な栄養成分を食事でシッカリと摂ろうと思ったら、シッカリとカロリーコントロールしないと、カロリーオーバーになる可能性があるので注意が必要です。また、料理をするのも大変です。

 

そこで、便利なのが、摂りたい栄養が簡単に取れるサプリメントです。

 

サプリメントで自分に足りていない栄養を補いつつ、そのうえで、食事を気をつけ、適度な運動、ストレス解消、睡眠をシッカリと摂る生活を心がけるというのが大切になります。

 

 

亜麻仁油も良いみたい…

DHAやEPAといえば、青魚だと思っていました。だから、サプリメントを紹介していました。

 

青魚のサラサラ成分」って、よく聞きますよね。

 

サプリメントは、継続して、やめるつもりはありませんが、亜麻仁油にも興味があります。

 

亜麻仁油って、オメガ3脂肪酸であるα-リノレン酸を含む油で、体内でDHAやEPAに変わるらしいです。

 

さらに、亜麻仁油には、α-リノレン酸以外にもポリフェノールの一種のリグナン水溶性食物繊維不溶性食物繊維が含まれているので、健康に良さそうです。

 

今、亜麻仁油については、勉強中です。

 

体に良い油だけど、酸化すると、体に良くないので注意が必要らしいです。

 

こちらのサイトで勉強しました。

 

今度、購入して試してみたいと思います。

 

 

 

 

 

 


inserted by FC2 system